消費者金融

消費者金融

消費者金融を利用するときは、事前に知識を
持った上で、賢く計画的に使いましょう。

ショップリンク通販 > 消費者金融

消費者金融 種類

消費者金融は大きく次の3つに分類されます。

【専業系消費者金融】 
銀行が扱わない、個人への小口融資に特化した消費者金融です。 銀行のような預金の扱いは行わないのが特徴です。
【銀行系消費者金融】
銀行と専業系が合併して作った消費者金融です。 専業との差は、有人の直営店舗を持っていない点で、申し込みはインターネットや郵送を利用。短時間でローンカードを作成し、カードを使って貸付や返済をするのが特徴です。
【信販系消費者金融】
クレジットカードの発行を扱っている信販会社が行っている消費者金融です。 審査の通りやすさは専業系と銀行系の中間程度と考えられます。

住宅ローンと消費者金融

現在、消費者金融で借り入れがある方が、銀行で住宅ローンを組む場合、多重債務ということで審査は厳しくなります。銀行と消費者金融への2つの返済をしなければなりませんので、銀行としてはどうしても消極的にならざるを得ません。

過去に消費者金融から借り入れがあった場合でも、滞納なくきちんと返済した場合には、借入歴があっても、そのことが住宅ローンを組むことに影響することはまずありません。ただし銀行によっては、きちんと返済したことは評価しつつも、そもそも借入をするに至った経緯を気にするケースがあるようです。
完済後5年が経過した時点で信用情報機関のデータが末梢されるので、5年の経過を待ってローンを組めば全く問題ありません。

逆に滞納歴がある場合は、信用情報機関にデータが記録されていますので、銀行で新たなローンを組むことは難しいでしょう。 完済していても、信用情報機関のデータは10年間残っています。

消費者金融 利息

利息を考える場合、単純に利率だけを見ていてはいけません。 完済するまでずっと利息は発生しますので、総支払額は相当な額になっています。例えば50万円を年利18%で借り、毎月2万円のペースで返済していった場合に利息がどうなるかを、リボルビング返済方法(毎月の返済を一定にできる)で検証してみます。

1ヶ月(30日と仮定します)後に発生した金利は50万円 x 18% x 30/365ですので、7,397円になります。 返済した2万円のうち7,397円はまず先に利息返済に充当され、元本の返済に充てられるのは残りの12,603円のみです。
次の1ヶ月後は、元本は487,397円に減っていますので、この金額の18% x 30/365が利息となります。利息返済は7,211円、元本返済が12,789円です。
この方式で計算していきますと、完済するまでには32ヶ月かかり、利息は13万円強になります。

借りる消費者金融によって利率が変わりますので、このような比較サイトで検証しておくとよいでしょう。

≫ 借りる前にくらべてみる?参加型キャッシング比較サイト「くらべる君」

消費者金融 トップへ戻る

Copyright 2015 © ショップリンク通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner