妊娠線

妊娠線

早目のケアで妊娠線を予防しましょう。

妊娠線予防

妊娠線は急激にお腹が大きくなることで皮膚が伸ばされ、弾力性の低い真皮や皮下組織に亀裂ができることで現れる線状班のことです。一度できてしまうと完璧に治すことは難しいため、予防することが重要です。

体がデリケートな状態ですので、どんな予防ケアがよいのか迷ってしまいますが、ポイントはとにかく保湿することです。特に妊娠中はホルモンの関係で肌が乾燥しがちになりますので、しっかりと保湿し、肌の潤いを保つことが予防につながります。

その他の予防方法としては、腹帯やガードルなどで急激に皮膚が伸びることを防ぐ、体重オーバーに注意し、無理のない範囲で運動を行うなどがあります。

妊娠線予防クリーム

予防クリームは早目につけ始めるのがポイントで、お腹が大きくなってから使い始めたのでは遅いです。4ヶ月目ぐらいから使い始めるとよいですが、予防効果を高めたいなら、もっと早く使い始めてもOKです。

気を付けないといけないのはお腹だけではありません。 おしり、二の腕、太ももなどにもしっかり塗る必要があります。 朝晩2回塗布し乾燥を防ぎましょう。オイルタイプを使用される場合は、潤いをとどめておくことができないので塗る回数は多くなります。

無添加で高品質なものがベストです。 コスパも気になるところですが、期間限定で使うものと割り切ってよいものをたっぷり使った方が、後で後悔することが少ないです。

妊娠線 消す方法

基本的には、できてしまった妊娠線を消すことはできないので、予防が一番重要なのですが、目立たなくする方法はあります。

■ マッサージで新陳代謝をよくし、柔軟な皮膚をキープする。
■ 消すことに特化したクリームはないので、予防クリームを使用して改善を図る。

これらの効果が十分でない場合は、医療クリニックでのレーザー治療となりますが、こうなりますと最低でも数万円から何十万円という費用がかかることになり、予防に高級なクリームを使ったとしても、そらの方が最終的なコスパは良いということになります。

おすすめの妊娠線予防クリームはこちらです。

≫ 今始める妊娠中ケア

妊娠線 トップへ戻る

Copyright 2015 © ショップリンク通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner